スポンサード リンク
    


スキンケア-しわ

美容の重要項目である皮膚の「しわ」は、折り紙の折ったあとの線みたいなもので、自然には治りません。
でも治癒方法はいろいろあります。女性はいろいろ気を使っている事ですが、効果はいかがですか?若返りは人類史上もっとも古くから扱われていた美容健康の命題なのですから、難しいんですよね。服用したり塗布する他に皮膚充填剤の使用があります。
次のような記事があります。《皮膚のしわを消して肌を若返らせる「プラズマ皮膚再生装置」による複数回の低エネルギー治療に、単回の高エネルギー治療と同等の効果があり、術後の回復にかかる時間も短くてすむことが示された。米国美容形成外科学会(ASAPS)によると、2005年に米国で何らかの美容処置を受けた人は約1,150万人で、さまざまな若返り法が大きな関心を集め続けている。

医学誌「Archives of Dermatology」2月号で報告された今回の治療法は、物質の原子が電子を失いイオン化気体を形成した状態である「プラズマ」を利用して、1000 分の1秒という短いパルス幅で皮膚組織にエネルギーを送るもの。使用機器はPortrain PSRと呼ばれるもので、複数回の低エネルギー治療と単回の高エネルギー治療の両方について米国食品医薬品局(FDA)の承認を受けている。これまでの研究では高エネルギー治療に焦点が当てられていたが、今回、低エネルギー治療により、短い回復期間で同等の効果が得られるかどうかが検討された。

SkinCare Physicians社(マサチューセッツ州、研究当時所属)のMelissa Bogle博士らの研究グループは、ボランティア8人の協力を得て、顔全体への低エネルギー治療を3週間おきに3回実施。3カ月後、しわが37%減少し(研究者による判断)、顔全体の外観が68%向上した(被験者自身による判断)。術後4日で皮膚が再生し、発赤は6日間続いた。発赤および剥皮が完全に治まるまでに要した期間は、1回の治療につき平均5日であったという。回復期間がほかの低侵襲性処置に勝るわけではないが、回復過程のマイルドさは多くの患者にとって魅力ある選択肢になるという。

同誌に掲載されたもう一つの研究では、ヒアルロン酸を含む「皮膚充填剤」が、皮膚を構成する主な蛋白(たんぱく)であるコラーゲン産生を刺激して、皮膚に若返り効果をもたらすことが示された。研究を実施した米ミシガン大学Frank Wang博士は、現在承認されている美容目的以外にも、例えば強いステロイド薬を使用する患者などで、皮膚のコラーゲン不足にこの充填剤を応用できる可能性があると述べている。》
http://health.yahoo.co.jp/news/detail?idx0=w12070301&idx3=1200-2

記事中のプラズマ皮膚再生装置による方法はピーリングなどの皮膚再生法に属するもので、今後の動向に注目したいところです。

皮膚充填剤系のほうは、すでに効果はいろいろ確認されています。
問題点は、充填剤が吸収されてしまうので繰り返し充填を行う必要があるという事です。(固形剤注入は別です。あまりお勧めしません)効果はあるので、試されたかたもいらっしゃると思います。

服用や塗布するものには、尿素、ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンC、コエンザイムなどが有効ですね。保水力が強いので皮膚の水分量を補ったり、皮膚に必要なタンパク質量を補う役目をします。
意外に知られていないのは、コエンザイムQ10などは補酵素というもので、酵素の役割を助けるものですから必要な酵素と組み合わせる事により効果が増します。始めから酵素と組み合わせた製品も出ています。成分などを確認して少し調べる事で、より効果のある方法に出会えると思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。